<< 2017/09|123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>
DOWN▼
TOP > スポンサー広告 > 038:ラビリンスTOP > NOVEL > ドリーマーに100のお題 > 038:ラビリンス

--/--/--/--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告EDITCLAP

2011/02/14/00:00

038:ラビリンス

バレンタインデーなんてあたしには関係ない。

頭ではそう思っていたのに、ふと気がつくと無意識のうちに売り場へと足を運んでしまっていた。
いろいろな形、いろいろな大きさのチョコレート。
選ぶ女の子たちの甘酸っぱい表情。


みんなどんな人にあげるのかな…。





――アイツは…。


ふいに顔が浮かんできて、慌てて首を振った。





「知らない。あんな優柔不断男。」


そう呟いて、あたしはすぐそばにあるチョコを掴み、レジへ向かった。


2004/02/14:UP|2011/02/14:RETOUCH


PS.

なんだかんだ言っても結局あげるんじゃんな感じが個人的ツボです。


ドリーマーに100のお題EDITCLAP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。