<< 2017/11|123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>
DOWN▼
TOP > スポンサー広告 > 036:アンティークTOP > NOVEL > ドリーマーに100のお題 > 036:アンティーク

--/--/--/--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告EDITCLAP

2010/10/20/00:00

036:アンティーク

アンティークは見ているだけで胸が躍る。

――お金のにおいがするから。

これはいくらで売れるのかしらって考えれば考えるほど嬉しくなっちゃう。
でも、どんなに古くて価値のあるものだとしても、あの子たちには到底及ばないんじゃないかしら。


「乱馬くん。そろそろどーにかしないと、二人まとめて骨董屋に売っちゃうわよ?」


今時珍しい、天然記念物並な恋をする二人。

この二人も、見ているだけで胸が躍るのは確かだ。


2004/03/07:UP|2010/10/20:RETOUCH


PS.

プラトニックでもいいじゃない。


ドリーマーに100のお題EDITCLAP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。